ソーシャルメディアが製薬業界に与える影響

ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)は私たちの生活の中で当たり前のものになり、製薬業界もこのメディアを使い始めました。

消費者業界では、SNSはセールスとマーケティングの戦略としてよく使われています。 しかし、製薬業界では、他の業界に比べてコンプライアンスと規制見たいな数々なバリアーがあります。

最近のハーバードビジネスレビュー(ミラー&クリスタキス、2011)の記事では、 著者らは、「正しい」主要オピニオンリーダー(KOL)を長い間製薬会社が 販売およびマーケティング戦略として使われた事を説明してきました。彼らはまた、SNSは 医師の処方選択において重要な役割を果たすと述べます:


薬が有効であることが証明された後でさえ、医者はそれを
推薦するのが遅い傾向があり、そして彼らが信頼する他の医者がそうすることを始めるまでしばしば待つ。研究によると、医師がネットワークにJanuviaを採用している場合、医師は糖尿病薬Januviaを処方する可能性がはるかに高いということが分かりました。これは3度の分離(同僚の同僚)にまで及ぶ効果です。ソーシャルネットワークはまっ反対の効果もあり、
医師を特定の薬から遠ざけることができます。
一般版のコレステロールの薬が発売されたとき、ファイザーのコレステロール薬Lipitorの売り上げは急激に減少しました。(ミラー&クリスタケス、2011年、第4項)

IMS Japanのあるコンサルタントは、ミラー&クリスタキスのリサーチと賛成し「SNSが医薬品および医療市場で非常に効果的である理由は、医療環境が高度に専門化されており閉鎖的であるため、主要オピニオンリーダーの声が主張されるのが一つの理由」と述べました。

JANUVIA日本のプロダクトマネージャーは自分の経験をこのように述べました:

医師同士のコミュニケーションは、薬がとても早く広く使われるのを助けるということはおそらく本当です。コミュニケーションは口コミ、プレゼンテーション、出版、そしてインターネットを通して行われてきました。しかし、大きな影響を与えたのは、医師間だけでなく、患者間のコミュニケーションでもあります。 Januviaの発売後も、新しい
糖尿病薬に関するメディア報道がたくさんありました。

しかしながら、製薬業界の何人かは不安を持っています。数年前、東京で行われたeye for pharma conferenceで、マーケットリサーチ会社のCREATION HEALTHCAREが「変化する風景は、自分の患者が知らないかもしれない情報にアクセスできるようになったこと、または医師の権限に影響を
与える新しい行動(薬の処方後の研究など)により、医師評判について懸念を引き起こしているようです
(処方薬の研究、ウェブサイト上での評価など)。

SNSはこれから、消費者を教育するための色々なチャネルを提供するので、患者コミュニティの教育および従事を通じて、日本の製薬業界で重要な役割を果たし続けます。

Reference

Miller, L. G., & Christakis, N. A. (2011, September). Tapping the power of social networks. Harvard Business Review online. Retrieved from https://hbr.org/2011/09/tapping-the-power-of-social-networks



2019-01-17T05:41:46+00:00