Blog in Japanese

Written By: morunda | Posted in: Blog in Japanese,

2016年5月、私は激痛に苦しみ、持病の潰瘍性大腸炎(2004年診断)の状態を診てもらおうとシンガポール・ジェネラルホスピタル(SGH)で大腸内視鏡検査を受けました。検査をして、一定期間のステロイド治療をすれば痛みも治まるものと思っていました。ところが目を覚ますと、胃腸科の医師は、病院からの呼び出しで慌ててかけつけ動揺を隠せない妻の横で、まるでレモンを吸ったかのようなしかめ面をしていました。そして、医師からは大腸の炎症が深刻であることを告げられ、その場で入院が決まりました。   Read More >>

Written By: morunda | Posted in: Blog in Japanese,

アジア諸国で働く人材紹介コンサルタントは、日々、候補者に求人案件への応募を呼びかけ、採用に至るまでフォローします。やっとそこまで辿りついても内定を断る候補者もいます。業界を問わず、顧客求人企業が求める優秀な候補者は、往々にして転職自体に興味がありません。   Read More >>

Written By: morunda | Posted in: Blog in Japanese,

科学や医学の世界は、セレンディピティ(serendipity)な発見に溢れています。ケンブリッジ英英辞典はserendipityを「偶然運良く面白いものや価値あるものを発見すること」と定義していています。ペニシリンの発見もそのひとつです。   Read More >>

Written By: morunda | Posted in: Blog in Japanese,

候補者が内定を受け入れるべきかとリクルーターに問うことは、髪を切る必要があるかと床屋に問うようなものです。「はい」と答えるに決まっています。内定が出たら、候補者は現在の雇用条件と新しく提示された条件を比べて吟味する必要があります。たいていの人は家族や同僚に相談します。   Read More >>

Talent Search

Morunda Blue

Retained Search

Connect with us

2016年5月、私は激痛に苦しみ、持病の潰瘍性大腸炎(2004年診断)の状態を診てもらおう

Read more >

アジア諸国で働く人材紹介コンサルタントは、日々、候補者に求人案件への応募を呼

Read more >

科学や医学の世界は、セレンディピティ(serendipity)な発見に溢れています。ケンブリッ

Read more >

候補者が内定を受け入れるべきかとリクルーターに問うことは、髪を切る必要がある

Read more >

先日の南アフリカ旅行の終盤、ピンダ動物保護区で五頭の気高い野生動物を見て、滞

Read more >

モランダは、東京に拠点を置くリクルーティング会社です。先日弊社では、東京の欧

Read more >