素晴らしいリーダーはいつも他の人に功績を与える

最近、私はアメリカの大手製薬会社の人事部長と話をしました。そして、日本で重要な役職に就く可能性のある候補者について話しました。避けられない道を通ることになり、私たちは人格とヨーロッパ、日本とアメリカの製薬会社のリーダーシップの方法について話し始めました。それから彼は話すのを一旦辞め、テーブルの上にペンを置いて言った、「あなたはこれらすべてのリーダーが共通しているものを知っていますか?」彼は答えを待たずに続けました。「リーダーはみんな謙遜だ。性格がまともで自分はどのような人かちゃんと理解している。」彼は謙遜は誤解されている言葉であると説明しました。 「本物のリーダーたちは、自分は誰かを理解し、彼らの会社が上手くいくように働き、彼らは自分の不備を理解しています。」

局長のリーダーシップの考え方は、コリンズ・ジェームズ氏の本「良いから素晴らしい」で説明される最高なリーダーシップは謙遜とプロフェショナルな積極的の組み合わせと同じです。これは、メディアとポップカルチャーが描いていることとは対照的です。コリンズ氏によると、リーダーは永続的な変化を生み出し、注目を浴びることを避け、ヒューレットパッカードの共同創設者であるパッカード・デイビッド氏がしたことを実践しています。コリンズ氏によると、パッカード氏は自分は最初にはHPの男性で、次にはCEOと定義したという。彼は人々の一人で、歩き回りながらマネージをしていました。あらゆる宣伝方法を敬遠し、パッカードは次のように述べていると言われています。「あなたは自慢話をしずに、より前へ進め、やるべきことを見つけるべきです。」

バフェット・ウォーレン氏は、これまでで最も成功している投資家の1人として広く認められています。最近のメディアに恥ずかしがり屋ではありませんが、彼はユーモアの素晴らしい自己表出感覚を持っています。けち臭いであるという彼の伝説的な評判と、なぜオシャレをしないのかとジャーナリストから尋ねられたとき、バフェットは答えました、「私は高価なスーツを買いますが、僕には安っぽく見えます。」

リーダーたちはまた、人生と成功にはある程度の運があることを理解しています。バフェット氏は、次のように述べています。「私は投資の才能を持っています。しかし、その才能を使う私の能力は私が生まれた社会に完全に依存しています。もし私が狩人の部族に生まれたのなら、私のこの才能は価値ありません。私はあまり速く走れない。私は特に強くはありません。きっと野生動物の夜ご飯になっています。」多くの場合、最も偉い位置にいる人は、謙虚度の高い順にランク付けされています。

謙虚さがリーダーシップの鍵となる要素かもしれません。謙遜なリーダーとは彼らが新しいドラッグアプリケーションを得るために全力を尽くしてないと認めたり、彼らが単独で売上を20%増加させるのではなく、彼らがチームの一員であったとしても他の多くの有能な個人の助けを借りていることです。これらは他の人が引き寄せられる人々です。

本当に凄いリーダーは自分の間違えを認めています。バークシャー・ハサウェイの株主に対するウォーレン・バフェットの有名な年次書簡は、彼の最大の投資ミスについて語っています。彼は彼らから叫びません。彼は間違えから怯えず、間違えをはっきりと認めています。トップのリーダーたちは他の人に功績を与えることを嬉しく思います。