青い海採用

なぜ日本のマーケットで採用するのはこんなにも難しいのでしょうか?簡単に言うと:供給は限られていますが、需要は一定です。供給を制限する理由は、才能(ほとんどの市場に当てはまる)とバイリンガルとバイカルチュラルな能力を持っている人が少ないからです。給与やストックオプションなどの外発的動機は、他のマーケットよりも引き込みが少ない。

この強い需要と限られた供給により、日本では他のマーケットよりも手数料が高いままであることがわかりました。多くの場合、地元企業とグローバル企業の手数料にはほとんど違いがありません。供給が限られているということは、グローバル企業でさえも、コンティンジェンシー企業として行動しているということです。ある米国企業のシニアディレクターは次のように説明しています。「はい。私たちは候補者をクライアントにマーケットします。これを短いリストと呼びます。」

欧米では、採用会社はクライアントからビジネスを獲得することに力を入れています。日本では、会議での面接と候補者の信頼の獲得することを重視しています。

いくつかのグローバル企業は日本は厳しいと感じていますが、他の例としてRSAは朝日の土地を獲得するように考えています。米国とEUの大企業は高い評価を得ています。彼らのコンサルタントは業界から来て、しっかりした企業理解を持ち、そして彼らのお客をマーケットで上手く代表することができます。では、なぜこれらの企業が日本でも他のマーケットでも同じように成功していないのでしょうか。その理由の1つは、彼らが時々約束をし、うまく結果を出せないからです。クライアントは、マネージングパートナーがビジネスを勝ち取り、ジュニアコンサルタントが検索を実行する「餌と交換」の影響も受けやすくなります。大企業は、売り上げ重視ではなく、コンサルタント重視になる傾向があります。

グローバル企業は、大規模な候補者プールと候補者との出会いに焦点を当てている現地の緊急対応企業です。彼らの座右の銘は、「候補者より出会った人が勝つ」です。これらの企業は、積極的で販売重視の企業です。悪い面では、彼らは常に矛盾しているメッセージを送ることがあります。企業は雇用に対して「解約と焼き払い」の戦略を持っています。ジュニアが1年間勤務し、200人の候補者と会い、辞職するのであれば、会社は将来200人の候補者のうちおよそ10人を投資することで投資を回収することを知っているので安心できます。地元企業は、クライアントではなく候補者のために働いています。彼らトップの候補者を会社に売りまわっています。このアプローチは、エグゼクティブサーチよりもスポーツエージェントに似ています。これらの企業は20人くらいを雇おうとしているので、彼らの知識は限られています。しかし、時が経てば、彼らの多くは業界の内部関係者になります。

モランダでは、私たちは強力なブランド、市場知識、そして活力とプロ意識を持ってマーケットをマッピングし理解する能力を提供できる会社を必要としていることを認識しています。日本のクライアントは、すぐに結果を出せて、候補者を幅広く知っている企業が必要です。 モランダは、ケネディー・アダム氏が保持された検索方法であるMorundaBlueをリードしています。 アダムはモランダのディレクターで、2002年に初めて日本に来ました(彼の最初の会社でカリガン・フィリップ氏と共に働いていました)。それ以来、製薬およびバイオテクノロジー分野の上級職に特化した調査を続けてきました。アダムは日本のトップリクルーターの一人であることを証明し、アジアのライフサイエンスのリーダーたちは業界の深い知識とコンサルタントのアプローチのために定期的に彼と連絡を取っています。 アダムは、ディレクターレベル以上の職務に焦点を当てており、珍しい病気、製薬会社、デバイス製造業者にサービスを提供している企業とアジアで確立している小規模事業に個人的な関心を持っています。もともとファイナンスの訓練を受けたアダムは、英国の国民保険サービスとブーティックコンサルティング会社で、さまざまな財務および運営管理の役割を担っていました。

保持されているグローバル企業

長所

  • 多くに知られている
  • 業界と企業に対する強い理解
  • 会社を上手く代表できる

モランダサーチ

  • 高い評判ー2001年からの活用
  • 幅広い業界についての知識 – 2006年以降の業界記事の執筆

  • 業界に対する深い知識 – 2007年以降開催された業界イベント

  • ヨーロッパ、アメリカ、アジア太平洋地域(日本を含む)での主要なグローバルエグゼクティブサーチプロジェクトの経験 

  • 日本の製薬業界で6,000人以上の候補者に出会った

  • 強いセールスフォーカスの持ち主