日本の採用事情について:インサイダーの視点

最近、日本の市場に参入するのを検討している多くの企業から連絡を受けています。新規参入企業には採用が比較的に難しいですし、採用の決断も決して簡単ではありませんので、慎重に検討する必要があります。しっかりした戦略を備えるのは必要です!

日本ではの5つの採用課題

1.早く始めよう。日本での採用は時間がかかります。候補者は現職に30日間の事前通知が一般的なので、新会社に就職するまでには60日かかることがよくあります。

2.良い漁師になろう。気に入った候補者に内定をすぐに出さないでください。候補者を魚のようにちょっとずつ手繰寄せるて、興味を湧かせます。でもあまりにも早く動くと、候補者が緊張して、逃げてしまいます。最近、ある候補者がカントリーマネージャーの内定をもらいました。しかし、内定を出されるスピースがあまりにも早すぎて、その会社の必死さを感じてしまったので内定を辞退することにしました。後から考えてみると、もしその会社が時間をかけて会議と会議の間に間を取っていれば、内定を受け入れただろうと述べた。

3.優秀な人を見つけるには大人数が必要。日本人と欧米の従業員は意思決定プロセスが違います。西洋の視点からでは、個人自分で物事を決めるのがほとんどで、ここでのパラダイムは、個人選択する権利があることます。より多くの選択はより多くの自由があります。私達は自分の運命を変えられます。しかし日本の考えでは、選択というのは違うものです。

日本では、候補者の意思決定は生活のあらゆる分野から影響が来ています。グループから合意を得ることは重要です。そして、グループの役割は個人が判断ミスをしないように守ることです。

4.バイリンガルの候補者は限られています。日本で英語と日本語のバイリンガルの人材を採用するのは、アメリカでスペイン語と英語のバイリンガルを採用することに似ています。優秀なバイリンガルの候補者はいますが、多くはいません。

5.違う人に頼んでいませんか。通常、企業は候補者を採用するときにインフォーマルな内部身元照会システムがあります。ただし、最初の採用の時には、そんな贅沢はできません。あなた自身が身元照会をするか、第三者を雇ってください。サーチ会社に身元照会を依頼するのは、キツネに鶏舎を守らせるようなものかもしれません。