日本での採用に6つの必勝法

  1. 説得力のある仕事内容を書こう。ほとんどの仕事内容は悲しくなるほど包括的です。良い仕事内容には、仕事で必要なスキルと資格だけではなく、仕事で巡り合う機会とチャレンジを強調します。良いチャンスを売るので、創造力を使って、自分の会社と採用したいポジションのために広告キャンペーンを作りましょう。
  2. 候補者は5年後にはどうなる?候補者のキャリアパスを伝いましょう。良い候補者は5年後に何をするかをちゃんと理解していて期待できます。虹の終わりにはどのような夢があるのでしょうか?仕事はどのように候補者を変えますか?Big Hairy Audacious Goalとは何ですか?(BHAGの詳しくは、コリンズジェームズとポラスジェリーの1994年の本Built to Last: Successful Habits of Visionary Companiesを読んでください)
  3. 接点を増やそう。日本貿易振興機構(JETRO)は外国人投資家に日本でのビジネスの仕方について様々な情報を提供したり、専門家相談サービスや日本中の無料の臨時事務所スペースを提供しています。
  4. 適切なリクルートパートナーを選ぼう。リクルーティングパートナーは貴方の市場の声です。あなたのパートナーは会社の文化、情熱と価値観が合うべきです。候補者の数が限られているというのは、市場から最善な候補者と出会うには一発しか得られないかもしれません。1つの会社に責任を負わせる方が、複数の会社よりはるかに簡単です。
  5. 適切な人材は、金のガチョウになるかもしれません。最高のタレントは最高のタレントをフォローする訳です。
  6. 内定だ!候補者に内定を出す時に、ゴルディロックスと3匹のくまを覚えてください。内定はあまり柔らか過ぎなくて、固過ぎでもなく、丁度いいべきです。最初の採用に不当な低賃金または高賃金を払ってしまうと、給与の不平等の問題が起こるリスクがあります。